中性化

プエラリアミリフィカ摂取の対象年齢

厚生労働省認可の医薬品ではなく、あくまでサプリメントの位置付けのプエラリアミリフィカですので、法的に対象年齢を明確に設定した商品ではありません。
但し多くの製品を検証すると、ある共通する年齢制限が見て取れます。
「未成年にはお薦め出来ない」の文言が確認出来るのです。

プエラリアミリフィカは人体内で女性ホルモンに似た働きをみせる効果があります。
思春期から10代の身体の成長過程に於いては卵巣の成長活動も活発で、健康体の女性は自身で十分な女性ホルモンを製造分泌して体内を循環させる事が既に出来ているのです。
自身が生み出した女性ホルモンでより女性らしく成長を続ける過程に於いて、更にプエラリアミリフィカを摂取すると結果「過剰摂取状態」となってしまうリスクが避けられないのです。

加齢と共に卵巣の活動が弱まり、体内で女性ホルモンを正しく製造分泌出来ない女性にとっては、プエラリアミリフィカが女性ホルモンの「代役」を担ってくれる事で健康状態向上に繋がります。
しかし既に十分女性ホルモンが足りている状態に、いわば「類似した他の成分が混在して飽和状態となってしまう」事は大きく健康状態を損ねてしまう事に直結し兼ねません。
こうした観点からプエラリアミリフィカに関しては、身体の成長が落ち着く20歳頃までの使用は「控えるべき」との判断で共通一致しているのです。

また高齢者の範疇に入る年齢層に関しても、無条件に女性ホルモンの代替的存在としての摂取はお薦め出来ません。
年齢的に身体全体の機能や必要とされる女性ホルモンのバランス自体も、若い世代から壮年期とは当然異なって来ますので、高齢者は医師への相談を忘れてはなりません。
プエラリアミリフィカの効果が自身の身体に「強過ぎる」可能性が十分想定されるからです。

余談ですが、20歳以上であっても妊娠中、授乳中、他のホルモン治療を受けている人、病気を抱えている人などの使用は控えるべきとの見解が一般的です。
いずれにせよ素人の独断でいきなり摂取に及ぶ事なく、僅かでも疑問点があれば専門医などに相談確認する事を最優先すべきです。
プエラリアミリフィカに関しては現在も未知の部分が多く、研究が進められている最中であり、今後更なる効果が発見され発表される事でしょう。
サプリメントとしても更に開発進化を見せ続けてくれる事は間違いありませんし、将来的には摂取対象年齢の概念自体も変化を見せる可能性が十分存在しているかと思われます。

このページの先頭へ