中性化

プエラリアミリフィカは国が認めているの?

プエラリアミリフィカに関しては、現時点では国の機関である厚生労働省は未だ医薬品としては認可しておりません。
但し国内で製品化して市販する事には何の制限もありませんので、私達は簡単手軽にプエラリアミリフィカの成分を含んだサプリメントの購入が可能です。
更にはプエラリアミリフィカを用いたエステも複数のエステ店で実践されており、既に大勢の愛用者がその更なる効果を期待して施術を受け続けています。

国が医薬品として認可に至るには、人体を用いた十分な臨床試験の結果を収集し、国が定める高い安全基準をクリアし、更に確かな効能が確認されてねばなりません。
新たな新薬が1つ認可されるまでには膨大な実験の繰り返しと、それに必要な年月という「高い壁」が存在している事は、皆さんもニュース等でご記憶の通りです。
プエラリアミリフィカに関しては、現時点ではまだ動物実験のレベルですが、それでも既に周知の数々の効果が確認されています。

その昔、原産地であるタイ北部の人達は今日の実験分析レベルでの専門知識や技術こそ持ち合わせていなかったにも関わらず、若返りや健康に良いとその存在に着目していました。
そして近代医学の研究技術の進化に伴い、人体内で女性ホルモンに共通する効果を見せる事が確認され、現在日々注目度と認知度を集め高めているのもまた、皆さんご存知の通りです。
但しそれはあくまで動物レベルでの実験検証結果であり、人体に「医療品」として用いる事を認可するには至っていないのが、今日時点での研究進行状況なのです。

プエラリアミリフィカに関しては、まだまだ未知の部分が数多く潜んでおり、実際に国が認可するに至るには更に時間を要する事は間違いありません。
だからといって「安全が保証されていない危険な成分」と安直にマイナスイメージでは捉えていただきたくありません。
研究に値すると判断された存在だからこそ、一層の時間を費やしてその研究が今この瞬間も地道に継続されているのです。

現在認可されている数々の成分物質に関しても、その昔同様の長い時間と過程を経た上で、ようやく「国の認可」に至る事が出来たのです。
プエラリアミリフィカという大きな可能性を有する存在は今、その入口から道程の最中を歩んでいる段階だと捉えれば、その位置付けがご理解いただけるかと思います。
天然植物性で副作用の不安も語られていないプエラリアミリフィカは先に述べた通り、既に私達の身近に製品商品として存在流通しています。
ご興味があれば現時点ではこの形で、まずは入手して正しく使用するところから接点を持つ事が可能なのです。

このページの先頭へ